凡庸なる人のブログ

凡庸な自分が思ったことや何かしらの感想、コンピュータ系などの調べごとを書くブログです。  【結論】ってのは私個人の結論です。記事全体は個人的な調査結果や感想です。

【記事感想】サクセスストーリーを読んで個人的に大切だと思った部分【サンフランシスコで創業したスタートアップを解散した話】

【結論】以下の部分が個人的にとても大切だと思った文章でした

コードを書くというのは、イデアの検証手段として最もコストがかかる行為の1つで、どうしても必要という場合以外はできるだけ既存のツールを活用すべきだと思いました。

サンフランシスコで創業したスタートアップを解散した話|さっそ / Satoru Sasozaki|note より引用

 ネットサーフィンをしている中でよく見るサクセスストーリーという印象を持ちながら読んでいました。しかし、この部分は自分の中にあったモヤモアした感覚を言葉として表していました。

 

 私自身エンジニアの端くれでありますが、何かを作りたい・世の中に出したい、という気持ちは表に出さないですが強く心に秘めています。ですが、WEBサービス一つ作るのにも、それなりに体力と精神力が必要です。せっかく自分が作り出したサービスですから、デプロイしたら多くの人に使ってほしいものです。現実は自分1人、しかも2日後には利用しなくなるサービスですが....

 

 この部分はそんな労力を軽減し、試行錯誤を高速にしてより良いサービスづくりを可能にしてくれる、そんな文章だと思いました。

 

【アニメ感想】「恋は雨上がりのように」を見終わった感想【ネタバレ注意】

【結論】近年稀に見る心萌え上がる甘くて透明で真っ直ぐな物語でした

 

 Amazonプライムビデオでアニメを視聴しました。最初は絵柄が今風ではなくて距離を置いていましたが、何気なしに1話を視聴。1週間弱かけて全12話を視聴しました。

 

 一言いいでしょうか。この物語ヤバない??これほどまでに「自分も恋をしたい」と思うようになったのは多分初めてです。

続きを読む

「Git Extensions」が急に「github」からcloneできなくなった

【結論】Puttyのバージョンが古くなったらしい。

 

こんな感じのエラーがでた。(スクショ忘れた)

FATAL ERROR: Couldn't agree a key exchange algorithm

 

PuTTY は時々セキュリティ・アップデートが行われるが Git Extensions 側で追従できないことも多いので(SSH クライアントとして PuTTY を使うのであれば)自前でインストールして運用した方がいいだろう。

Git Extensions に関する覚え書き — しっぽのさきっちょ | text.Baldanders.info

おとなしくPuttyを別途インストールしたら治った。

 

【参考】

Git Extensions に関する覚え書き — しっぽのさきっちょ | text.Baldanders.info

PuTTY Installer Is Outdated · Issue #4509 · gitextensions/gitextensions · GitHub

vagrant up したときの「`encode': "\xA0" on Windows-31J (Encoding::InvalidByteSequenceError) 」エラー

メモ的な備忘録

【結論】

git bash文字コードUTF-8ではなかった。

【どうやって解決したか】

1.snapshotを削除した。

vagrant reloadで再起動したら、エラーが出なかった。

2.git bash文字コードutf-8にした。

vagrant snapshot save XXX とし、vagrant reloadで再起動してもエラーが無かった。

【そもそも何が起きたか】================================

vagrant upしたときに、以下のエラーが結構な行続いた。

C:/HashiCorp/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-2.0.2/lib/vagrant/util/io.rb:32:in `encode': "\xA0" on Windows-31J (Encoding::InvalidByteSequenceError)
        from C:/HashiCorp/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-2.0.2/lib/vagrant/util/io.rb:32:in `read_until_block'
        from C:/HashiCorp/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-2.0.2/lib/vagrant/util/subprocess.rb:230:in `block in execute'
        from C:/HashiCorp/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-2.0.2/lib/vagrant/util/subprocess.rb:228:in `each'
        from C:/HashiCorp/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-2.0.2/lib/vagrant/util/subprocess.rb:228:in `execute'
        from C:/HashiCorp/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-2.0.2/lib/vagrant/util/subprocess.rb:22:in `execute'

================================

面白いことにvagrant自体の起動できており、ssh接続も可能だった。

ぐぐってみたら同じような症状の人がいた。

VagrantコマンドでEncoding::InvalidByteSequenceError - Qiita

Windowsでberks(Berkshelf)コマンドを実行した際、「”\xA0″ on Windows-31J (Encoding::InvalidByteSequenceError)」エラーが出るとき | misty-magic.h

どれも、Vagrantのコアファイル的な部分を修正して対応していたけど、CLIクライアント側の設定で対応したほうがいいと思うんだけどなぁ。

文字コードはなんとなく、UTF-8が好きなので、Windows-31J ではなくUTF-8にしたい。

自分の血となり肉となり骨となる知識を得たい

 いろいろな技術に興味は湧くけど、それを習得しようと調べる。でも、実際に使わないとすぐに忘れる。使わないってことはその技術は自分にとっては、どうでもいいものな気もする。

 問題なのはいろいろな技術に興味湧くのはいいけど、いろいろ過ぎるしどれもボリュームがすごい部分だと思う。

 他のITエンジニアはどうしているのか・・・